スポンサーリンク

王女の男 第22話

セリョンを人質にして、スンユをおびき寄せそうとしているミョンですが、ジョンとキョンへ王女がそれに対して抗議にくると、スンユはミョンにむかって矢を放ちました。

その間にセリョンはキョンヘと逃げるのですが、ジョンとミョンはもみ合いになってしまいます。

王女の男

王女の男

その時にジョンはクムソン大君の手紙を落とし、陰謀を企てたことがバレます。

連行されたジョンにあって、スンユの場所を教えれば助けるとキョンヘ王女に告げます。

ですが死ぬことも覚悟していたジョンは自分を助けようとしているスンユを守りたいと思って、スンユの刑の執行日は知らせないように説得をします。

キョンへ王女はジョンを救うために行こうとするスンユに対して警戒が強まっているので無理だと嘘をつきます。

そしてジョンはその翌日に処刑されることになりました。

最後を見るために行ったキョンへ王女に最期まで守れなかったことのわびをしてミョンには憎んだけれど嫌いにはなれなかったというジョンでした。

体が引き裂かれたとしても魂は生き続けるし、苦しめるとスヤン大君に対して言うと、ジョンは処刑されました。

そしてハンミョンフェの助言で、クムソン大君も自害させられるのでした。

拠点を移す中で仲間にセリョンの招待がバレてしまいます。

スヤンとは縁を切っているというのですが、聞いてもらえません。

そのことを聞いたセリョンはもう迷惑をかけることはできないといって都に戻るといいます。

そしてもどるまで待っているといい、必ず迎えにいくとスンユにいいます。

雨に濡れたセリョンを抱きしめて背中にある傷にキスをしました。

次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする