スポンサーリンク

王女の男 第24話(最終回)

仲間に、セリョンのことを妻だと紹介するスンユですが、逃げ出したセリョンをおい、足早に反乱軍に攻撃を仕掛けたミョンは自分の大事なソン・ジャボンを失い一時退却することとなりました。

最後の戦いを控え、セリョンを寺にスンユは送ります。

王女の男

王女の男

反乱軍を破壊して王様の信頼を回復するようにとミョンは言われます。

官軍と反乱軍が全面的に戦争をすることになると、スンユとミョンは一対一で勝負をすることになりました。

ですがミョンは戦っている最中に自分の軍が放った矢でいられるのでした。

スンユを殺害するようにいわれたハン・ミョンフェが、ミョンのことなど気にせず二人に向けて矢を放つことを命令したのです。

自分を物陰へと連れて行くスンユに対して、なぜ助けるのかとミョンは聞きます。

先にジョンに会いにいく、いけ!と叫びスンユの前に立ちはだかるとまた矢に当たってしまって死ぬことになりました。

一方でスンユと別れ一人寺に残ったセリョンは男の子を出産したキョンヘ王王に会いました。

そして自分のおなかの中にもスンユの子供がいることに気が付くのです。

そんな中で、その寺にスヤン大君がやってきます。

そしてセリョンと寺で愛、妊娠している娘を軟禁することになったのです。

スヤン大君が宮殿を出たことを知ったスニュはソクチュにセリョンを任せ寺へ行きました。

そのよ物思いにふけっているスヤン大君に背後から近づいて命を頂きに来たといって首筋に刀を当てるのでした。

そんなことをすればセリョンが悲しむと言い返したのですが、聞かずに刀を振り上げます。

しかしセリョンがみごもったというと、動きを止めてしまいました。

そして駆けつけたイム・ウンに捉えられるのです。

そしてスンユは処刑されることになりました。

そして嘘でもいいから嘔吐認めさせるようにとセリョンを母親は説得します。

ですが命乞いはさせないとセリョンは断り、捕まったスンユに意志に従うと告げたのです。

自分の子供を妊娠しているセリョンのお腹に手を当てて、生まれ変わっても忘れないようにと伝えます。

セリョンはスンユにそっと寄り添います。

そして月日は流れました。

白髪になったスヤン大君は妻と湯治に向かう最中に小さい頃のセリョンに似ている女児を連れたスンユを見るのです。

あの夜にセリョンの身を案じていた母親はセリョンが自害したと言って二人を逃がしました。

視力をなくしたスンユ、娘と幸せに過ごしているセリョンを見たスヤン大君は妻に感謝しました。

ある日スンユと草原にセリョンは出かけるのですが、復讐を途中でやめたことは後悔ないかと行きます。

スンユはセリョンに、視力はなくなったけれど、心は取り戻したけれど、復讐は挫折してしまったけれどあなたを得たと答えました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする