スポンサーリンク

怪しい家政婦 第7話

ハンギョルはボンニョに殺して欲しいと依頼します。

ハンギョルはボンニョに縛り付けられて部屋のドアも鍵がかかり、外に出られなくなりました。

怪しい家政婦のあらすじ

怪しい家政婦のあらすじ


ハンギョルは怖くなったので部屋から逃げました。

ボンニョは追いかけます。

追いかけられて慌ててしまい階段から落ちたのです。

そしてボンニョは死にたいと思っただけで死ねたら自分みたいな人間はいないと言いました。

それを聞いてボンニョもかつて死にたいと思ったことがあるのだということが分かりました。

そしてなぜ死ななかったのかと聞くと、ホン所長が神様がいたら自分にも生きている意味があると言ったからだと言いました。

しかしまだ生きる意味が見つかっていないとも言いました。

それを聞いてハンギョルは少し気持ちを落ち着けました。

その日の夜に、ボンニョの家族は亡くなっているのかと、みんなは尋ねると自分が殺したと答えます。

そしてホン所長にも聞きに行くのですが、なかなか答えてくれないので、○か×かで答えてもらうことにしました。

なんとか子供がいたことまではわかったのですが、詳しいことはまだわからないまま帰るのでした。

仕事を終えて家に帰るボンニョは誰かに後ろから付けられていると勘付きました。

そして尾行されているからと、家には真っ直ぐに帰らずに工事現場に行きました。

男が後ろをついてきています。

ボンニョを探している様子ですが、ボンニョは男の前に急に出てきて追い込み、突き落としそうになるのですが・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする