スポンサーリンク

怪しい家政婦 第1話

ソンファはボンニョに頼めばなんでもするのかと聞いています。

その質問に対してボンニョはなんでもすると答えるのですが、そんなボンニョにソンファは人も殺せるのかと聞きます・・・ここから物語がスタートです。

怪しい家政婦のあらすじ

怪しい家政婦のあらすじ


サンチョルの妻のソニョンのお葬式、サンチョルは子供たちにソンファは紹介します。

四十九日が開け、妻がなくなってから長女が家庭のことをしてくれているのですが、なかなか家事は全てできているわけではありません。

部屋は散らかり、食べ物もない、そんな状況ではいけないと、生活を立て直すべく、サンチョルは家政婦を探しました。

朝7時、ボンニョが家にきました。

サンチョルから子供たちに説明をするのですが、次女はまだ意味が分からずに困惑していましたが、家政婦のボンニョが次女に説明をしました。

ボニョは早速家の中を見て、なくなった妻の部屋はそのままにしてもらいたいと子供たちが願うのでそのままにすることにしてほかの部屋の掃除に取り掛かりました。

そして部屋も綺麗に片付き、食事はなくなった母の味そのものだったために家族はみんな喜ぶのでした。

そんなある日、雇い主のサンチョルに、家政婦紹介所から電話がかかります。

紹介所の人はサンチョルに、ボニョのことで伝え忘れたことがあるといいます。

ボニョは頼めばなんでもしてくれる、人だって殺すかも知れないと伝えるのですが。

そのことをサンチョルは家族に伝えると家族は驚いていました。

亡くなった妻の妹が子供の誕生日を祝うためにやってきました。

主役の子供に何が欲しいか聞くと、ママに会いたいというのです。

妹はママにあわせてあげると約束をして帰るのですが、当日実際に待っていたのは、変装をした妹でした。

それにショックを受けた子供。

ボニョはママに会わせてあげるといってヘギョルを連れて出かけます。

子供たちはボンニョがヘギョルを連れ去り誘拐したのではないかと思って探し始めるのですが、ヘギョルはボンニョに「頼んだことはなんでもしてくれるの?」と聞くのでした。

そしてヘギョルとボンニョはてとつないで湖の中へと入って行きます・・・無理心中でもしてママに会わそうというのでしょうか、次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする