スポンサーリンク

怪しい家政婦 第8話

自分が尾行されていることに気がつき、ボンニョはその備考してきた男を捕まえました。

男はそうやって人を殺したのかとボンニョに言います。

怪しい家政婦のあらすじ

怪しい家政婦のあらすじ


自分が殺人者だということを忘れていないかとも言いました。

男はサンチョルの家で家政婦をすることをすぐに辞めるようにとボンニョに伝えたのでした。

その時ボンニョは義母が一生笑うなといったことを思い出しました。

病院に運ばれて目が覚めたサンチョルは子供たちの話を偶然聞きました。

サンチョルが戻って嬉しいと話していた声を聞いて、嬉しく思い寝たふりをします。

ボンニョはこの間の一件もあるために家政婦の仕事を辞めることにしました。

ボンニョはなんとか子供の生活発表会だけは手助けしようと色々と手伝ってくれます。

そしてサンチョルがホテルの荷物の整理をしていると、遅かったかもしれないけれど気持ちは本当だったと、ソンファは言い出します。

手遅れではないので自分が責任を持ちたいとソンファは言い出すのですが、ボンニョは実は奥で片付けを手伝っていたので、その声を聴いていました。

ボンニョは、片付けは終わったのかとサンチョルに声を掛けるのですが・・・。

サンチョルはソンファとまたよりを戻そうと思っているのでしょうか。

ボンニョはサンチョルの揺らぐ気持ちを止めることができるのか、次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする