スポンサーリンク

怪しい家政婦 第20話

ボンニョは本当の母ではないけれど子供たちにとって本当の母親になりたいと思って努力を続けていました。

その気持ちはいつしか空回りしたことで彼女は自分か、亡くなった本当の母親かどちらか選ばなければいけないと、子供たちに迫ります。

怪しい家政婦のあらすじ

怪しい家政婦のあらすじ


実はよくない母親を演じるためにそのような脅迫をしていたのですが、それは子供たちにとっては、実はあることに気が付くことになる演技だったのです。

そのあることとは、亡くなった母親のソニョンが、実はこの世に後悔を残したまま自殺したという事でした。

子供たちはそのことに長い間気が付くことはなかったのですが、ボンニョが表す態度を見ているとやっと気が付いたのでした。

実の母は自分たちのことを愛しながら亡くなったのだと。

そして自殺をしたかったわけではないという事に気が付きます。

ボンニョの態度は実は愛情深い演技で子供たちはボンニョのおかげで大事なことに気が付くことができました。

サンチョルはそんなことをされなくても実は気が付いていてあえてボンニョを引き留めませんでした。

そしてクリスマスが来ました。

幸せに笑い合い食卓を囲んでいるサンチョルとその子供たちとボンニョ。

そしてボンニョは旅立ちます。

ヘギョルと大事な約束をするのですが、それは自分が帰ってきたときはチャイムを三回鳴らすというものでした。

1年後、ボンニョが戻ってくるのですが、そのとき、以前約束したことを忘れず、ドアに立って3回チャイムを鳴らします。

なぜ戻ってきたのか、それは今度こそ、サンチョルの妻になって、子供たちの親になるために戻ってきたのでした。

そしてみんなは幸せに暮らしたとのことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする