スポンサーリンク

怪しい家政婦 第3話

サンチョルとソンファが浮気していたことが母を自殺に追い込んだということは子供たちも知りましたし、会社でも公になってしまいました。

それを知ったソンファは怒りが止まりません。

怪しい家政婦のあらすじ

怪しい家政婦のあらすじ


社長にサンチョルは呼び出されて今行っていたプロジェクトは中止するようにと言われてしまいます。

家に帰ってハンギョルと話をしようと思ったサンチョルですが、拒否されてしまいます。

弟までも母が残した遺書を見せていたのでした。

子供たちはみんな怒りを隠せません。

そして家を出たのですが、行くところもなく祖父の家にいきました。

ナヨン、グムチに本当のことを伝えることができないまましばらく居させてもらうことになります。

サンチョルはこれからどうすればいいのかわからないのですが、ボンニョとヘギョルが負った折り紙を渡されて子供たちを愛していると言えない自分に気がつきました。

サンチョルはボニョンのせいで家のなかが引っ掻き回されたと思ったのでボニョンをクビにしたのでした。

ヘギョルの幼稚園にセギョルが迎えに行くのですがオジンのお母さんが、ボンニョがクビになった事実を伝えます。

そしてヘギョル、セギョルは紹介所でボンニョの住所を聞くのですが、遊園地に居るのではないかと思って行って見るといました。

ボンニョにみんなが仲直りするようにしたいとお願いしたのでした。

方法は二つあって、一つは大きな病気をすること、二つ目は事故に遭うことだといったために誘拐されたことにして事件を起こせばいのではないかと目論みます。

そして思惑通りサンチョルがやってきてうまくいきそうになったのですが、ヘギョルがパパに愛しているのかと聞くと、サンチョルは謝りました。

冷たい視線で子供たちがサンチョルを見ます。

その時アラームがなり、契約の時間が切れたとボンニョは帰るのですが・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする