スポンサーリンク

グッド・ドクター 第4話

勝手に行動した挙句に、行く先々でトラブルを起こすシオンですが、メンバーのみならず、入院している患者さんや、その家族たちまでにも迷惑をかけて嫌われます。

そんなシオンはだんだん孤立していく存在になりますが、それも仕方がないことです。

グッド・ドクターのあらすじ

グッド・ドクターのあらすじ


低体重児の手術が始まるとドハンは大きな問題があることに気が付いてしまいます。

その状況の中でどうすればいいのか、混乱をして嘆くのですが、シオンはある方法で解決できるのではと、ドハンに提案します。

その提案のおかげで何とか無事に手術は終わります。

ドハンは難しい手術を成功させたのでした。

しかし成功したからと言って規約違反をしたことは事実であり、ドハンは委員会からシオンの分も含めて、責任を取ることを命じられるのでした。

責任を取ることを命じられたドハンは、謹慎処分となりました。

シオンがグループそのものに迷惑をかけているという事は本人は全く知りません。

そして子供が手術が成功して無事であったことを喜んでいるくらいのシオンです。

そんなシオンに対して、ユンソがチームワークの邪魔になるので、もうこれ以上一緒に入られないし面倒を見てしりぬぐいをするのは御免だと話したのでした。

同期からもほとんど相手にされることがないシオン。

患者の子供のところに行くのですが、患者の子供にまでそっぽを向かれます。

ある日救急で運ばれた少年を謹慎処分を受けているドハンの代わりとしてユンソが受け持つことになります。

しかしドハンはいてもたってもいられず、すぐに病院に駆けつけるのですが・・・。

どうなるのでしょうか、次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする