スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第101話

ジャリョンがそばにいなければ眠れないベンノです。

そしてベンノは意を決してジャリョンの家に行くのですが、そこでゴンジュをジャリョンと同居させてもらえないか依頼するのでした。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


ですがソンシルはベンノに婿入りさせるつもりは一切ないと嫌みを言って、その提案は断固反対するのでした。

ベンノはソンシルから冷たくされて、仕方がないので、ジャリョンとゴンジュを呼び出すことにしました。

そして本人たちに直接説得をしてなんとかしようと試みます。

チョルスはジャリョンが酔っ払った自分を一人置いて帰ったことに対して、薄情ものだとなじって、目が覚めたときもただそばにいただけのヨンソクに、お世話になったことの感謝の気持ちを伝えて、ギジャと一緒にご飯を食べようとさそうのでした。

ジャリョンはヨンソクがとても図々しい態度を取るので、呆れてしまうのですが、チョルスが無事だったらそれでいいと割り切るのでした。

子供を見ることが辛いというチョルス。

チョルスのその気持ちを大事にしたいと思ってイングクが代わりに施設へ行くのですが、そこでまたジンジュに出会うのでした。

これも何かの運命なのか、今後イングクとジンジュは何か発展するのか・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする