スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第105話

ジャリョンの家族が家に帰ってから部屋の宝石箱の中にあったはずの、ブローチがなくなっていることにベンノは気がついたのでした。

お手伝いさんに前の日にグムスンが部屋から出てきたかどうか聞いてみると、出てきたというので、まさかと思いながらもベンノはギジャにその話をしてしまったのでした。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


ソンシルの家に行ったギジャはすぐにソンシルにこの話をして、グムスンの持っているものを調べて見て欲しいというのでした。

びっくりしたソンシルはグムスンの部屋に行って、グムスンの持っているものを調べようとしていたのですが、そこへグムスンがきました。

話を聞いたグムスンは即座に怒り出し、ベンノに文句を言いたいと息巻くのですが、それをマンスに止められてしまいます。

その一方でプレゼンに大失敗してしまったジャリョンはチョルスに誤りに行くのですが、チョルスは、既にジャリョンを冷たくあしらうのでした。

会社でジャリョンの信用はもうなくなってしまい、ジャリョンは会社での居場所をなくしてしまうのでした。

グムスンは泥棒扱いされていることに対して、なんとも気持ちが収まりません。

そのためギジャのところへ行ってこれまでの経緯を話して聞き出し、今度はベンノの家に行って身の潔白がはらされなければ帰らないと、その場に居座ってしまうのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする