スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第106回

グムスンはベンノからブローチを盗ったのではないかと泥棒扱いされてしまい、あまりに悔しいので、ジャリョンの家に行ってはいけないと話をしました。

ベンノの部屋にブローチがあり発見されると、ベンノはこれからどうすればいいのか悩んでしまいます。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


ヨンソクはベンノをかばってブローチは見つかってないことにして、自分が謝ることでなんとかこの場を収めてはどうかと考えます。

ジンジュ、ゴンジュはブローチが見つかったのだから、ちゃんと謝るべきではないかと話しますが、ベンノは絶対に謝りたくはないと言ってできるだけ謝らないようにしたいと考えます。

ヨンソクはジャリョンのことを呼び出してベンノの立場を考えると収拾するようにと話をします。

ジャリョンはお婆ちゃんと両親に謝ること以外はしたくはないというのですが、ヨンソクはグループの会長のベンノに謝らせるようなことはできないと言い張ります。

ベンノはギジャに電話をかけます。

そしてそもそもこのことが起きたのはギジャですから、一緒にソンシルの家に行って謝ったほうがいいといいますが、それを聞いたギジャはほとほと呆れ果てるのでした・・・次週に続きます。p

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする