スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第110話

ジャリョンは自分の家で行われる法事に出ました。

ですが長男の自分がシくらなければいけないのだと思っていたのですが、ジェリョンにその役割をさせているところを見て、自分の中でそれが許せなくなってショックを受けるのでした。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


グムスンがベンノの家に対してあまりいいと思っていなくて、その家に骨を埋めるべきなのではないかと、ジャリョンに対してもあまり良いとは思わなくなっていたのでした。

そのようなグムスンの態度を見たジャリョンは、寂しさを感じたのでした。

溝を埋めようと思ってゴンジュと一緒にその仲をとりもちたいと思って積極的に接点を持とうとしているのでした。

その一方で時間をおいたほうがよいと考えたので、ジンジュはヨンソクともう別れたほうがいいのではないかと決意しました。

別れを告げられたヨンソク、そんなことをされたらもう一生生きられないと言います。

ヨンソクにしてみれば、ジンジュと別れることは、自分の地位が消失することになることとも関連しているからなのです。

当然ですがジンジュが考え直してくれるのではないかということはお見通しですが、案の定、ジンジュは別れることはしないと言います。

自分もイングクとうつつを抜かしたことによって申し訳なさを感じていたジンジュは、かねてからヨンソクから頼まれていた養子をついに迎え入れることを決意します。

そしてそのことをヨンソクに伝えるのでした。

ヨンソクは自分がそうなりたいと思っていた思い描いたシナリオになったので、喜びを隠せません。

ですがジンジュは前から手伝っていた施設で仲良くなった子供を養子にしたいと思うのですが、それに対してギジャは反対をするのですが・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする