スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第112話

ソンシルは心を決めました。

ジャリョンには真実を伝えたほうが良いと決めてジャリョンを本当の母であるウニのお墓に連れて行くのでした。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


ジャリョンはソンシル、マンスの間に生まれた子供ではないということを、ついに知ったのでした。

ジャリョンはこれまでなんの疑いもなく信じてきた世界が、一瞬にして崩れ去ったような気がして、かなりショックを隠せません。

そして、しばらくの間一人でいたいと伝えて呆然と過ごすのでした。

その一方でジンジュは施設にいる子供達と触れ合うことで自分になついている子供を用紙にしたいと考えます。

その子の名前はプルミという名前で、ヨンソクにこの子を養子にしたいと伝えるのでした。

ヨンソクは自分の本当の息子であるソルを養子にしたいと考えているので、その提案には即答することができません。

ヨンソクはなんとかマリを説得していきます。

ヨンソクの養子になったら、大手のグループ代表の跡取りということで地位が確約されるので、ソルの将来のことを考えると、そうした方がいいのではないかと、マリに伝えました。

マリもその話を聞いて養子に出すことを決めました。

ヨンソクはマリの説得も成功したし、あとはジンジュの説得のみですからギジャと一緒になんとかジンジュを説得するための戦略を考え始めるのでした。

養子を取るとしても誰を取るのか、今後またひともめしそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする