スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第116話

ヨンソクは会社の代表に正式になって、突然抜本改革をすると言い出して、その改革に力を入れ出すのでした。

必要がない部署や必要がないと思われる人事に対しては、容赦なく切り捨てて行きます。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


何を考えてやっているのか当初はわからなかったのですが、終わって見ると、切り捨てていっている部署は全てジャリョンが関連しているところだったのです。

ジャリョンが食堂に力を入れて繁盛させた部署や、現在所属している部署が切り捨ての的になっているのです。

食堂は現在も売上がとても良くて、働いている店員も満足しながら働いていたのにも関わらず、何故閉店に追い込まれるのかわからないと激怒します。

今所属している部署の部長クラスの人たちも次々に切り捨てられて行きます。

そのような状況に黙って見ているのも限界が来たジャリョンは、ヨンソクのところへ行って抗議をするのですが。

その一方でベンノはチョルス会長から会社の幹部であるイングクと、ジンジュの関係についてよからぬ噂になっているという話を伝えられたのですが・・・。

ヨンソクの独壇場に我慢できないジャリョンですが、ジンジュも窮地に立たされる予感ですね・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする