スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第118話

社員たちのデモは過激になっていき、どんどん手がつけられないほどになっていました。

ベンノに対してものを投げつける場面もあったりして、そのシーンを見たジャリョンは、デモに行くことをやめてベンノの身代わりに成ることを決めたのでした。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


容赦なく卵が投げつけられます。

そしてジャリョンは卵をぶつけられて頭から卵汁を被ってしまう姿を見てベンノは、ジャリョンに対して本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいに成るのでした。

ジャリョンの家族はそれに対してとても心配ですから、ジャリョンに電話をかけます。

ジャリョンに、デモ以外に、何かやり方があるのではないかと促します。

ジャリョンはデモを行っている人たちを説得しに出かけていきなんとか、デモは収拾に落ち着くのでした。

ベンノはヨンソクが全て警備員に任せて自分は何もしないことに対して腹を立てます。

なぜなにもしないのか、人に任せてばかりなのかと憤慨するのでした。

デモはようやく落ち着き、ジャリョンは署名活動をすることにしました。

ヨンソクはベンノから厳しい言葉をかけられたため、リストラをとってついに会社をやめることにしたのですが・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする