スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第123話

チョルス会長はグループへの投資を打ち切りました。

そこの戸をイングクから伝えました。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


何故グループへの投資を打ち切ったのか、それは、不正入出金が多数発覚したからだと言っていました。

確かに不正な入出金があったのかもしれませんが、ヨンソクは大勢から責められます。

責められたところで何も知らないと断固として認めません。

代表代理に座っているチェ氏に全ての罪をかぶせてしまおうとさえしたのでした。

マリはベンノの家にこっそりと入りました。

そして家政婦が見ていないすきを狙ってソルを外に連れ出したのでした。

しかしジュンジュ、ベンノ、ヨンソクに、連れ出したところを見つかってしまいます。

何故そんなことをしたのかと問い詰められたとき、生活が苦しく、ソルを家の前に捨てたと話します。

ですが、二人が離婚のするのなら話が違うので、連れて帰りたいと、ソルを連れて帰ったのでした。

ジンジュは慌てて追いかけるのですが、ヨンソクはもうほうっておいたほうがいいと、諦めてソルをマリに託したのでした・・・。

ちょっとうまくいきかけていたことまで上手くいかなくなって、風向きが変わって来た感じですね・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする