スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第128話

新聞広告にはウニの写真、そしてウニの子供を探しているという広告が掲載されています。

ソンシルはそれを見つけました。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


そしてマンスと話し合いをしてチョルスに会うことに決めました。

チョルスはお金目当てで連絡をしてくる人が多いので、思った以上に新聞を出したところで見つけられないのだなと、がっかりしているのですが、ソンシルから電話がかかってきます。

チョルスとソンシルは実際に会うことになりました。

ソンシルがウニと血縁関係があって、引き取って育ててもらいたい子供がいるんだと頼まれたことを伝えました。

そしてその頼まれたのがジャリョンだったと真実を打ち明けることができました。

チョルスはそれを聞いてびっくりしますが、自然に涙が溢れてくるのでした。

その一方でジャリョンが頑張ったことと、それに対してイングクが協力したことでチョスルから投資してもらえることになりました。

ベンノは失語症で言葉を失っていましたが、そのことがきかっけで言葉が出るようになりました。

会社のために誠心誠意頑張ってくれた社員一同に対して感謝したいと、感謝の気持ちを伝えたのでした。

いい方向に全員が進んでいるような気がしていますが、どうなるのでしょうか、次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする