スポンサーリンク

オジャリョンが行く第129話 (最終回)

海外逃亡しようと企んでいるヨンソクに対して、マリは、そんなことはせずに、もう罪を償ったほうがいいのではないかとさとします。

しかしヨンソクはマリの言うことを一切聞かず、聞く耳をもってくれません。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


警察に捕まってはいけないと逃げるために、ヨンソクは急いでいて車にひかれそうになってしまいます。

ひかれそうになったヨンソクをかばって、マリが車にひかれてしまったのでした。

マリは救急車で病院に運ばれますがかなり危険な状態です。

もう手の施しようがありませんでした。

マリはソル、ジンジュを読んで欲しいと最後のお願いとしてヨンソクに伝えました。

連絡をしてギジャがソルと一緒に病院にいってジンジュもなんとかマリが生きている間に間に合いました。

マリはソルを忘れないようにと、顔を目に焼き付けたのでした。

そしてジンジュに対してヨンソクを許すようにとお願いしたのでした。

ヨンソクはマリが死んでしまったことで、もう逃げることはやめようと決めました。

自首することにして警察へと向かったのでした。

チョルス、ジャリョンは二人でウニのお墓参りに行きました。

チョルス、イングクはこれまで韓国で暮らしていましたが、アメリカに行くことにして、ジンジュはいつでも待っているからという伝言をもらったので少し安心しました。

マンス、ソンシルはジャリョンのことをお願いするとチョルスからお願いされたので二人とも快諾したのでした。

ジャリョン、ゴンジュは家族みんなで幸せに暮らして行きました・・・とっても長かった韓国ドラマでした。

見始めたときは面白いコメディーなのかと思っていたのですが、人間関係がドロドロして、最後にはマリまで亡くなってしまうという結末に若干ショックですが、これでオジャリョンが行くは終了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする