スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第33話

ゴンジュは初恋の人だったマリにそれ以後会ったのかどうかジャリョンに確認しました。

マリにジャリョンは聞かれて不思議に思ったのですが、ゴンジュは自分がジャリョンのことに対して好意を抱くこと自体は、それほど問題にもならないと思って、まだ好きでいてもいいのだと確信します。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


そしてジャリョンのことは何があっても諦めないと誓うのでした。

ギョルと電話をしていたせいで、ジンジュは車が来たことに気がつきません。

そしてヨンソクはジョンジュが危険だと思いかばいます。

かばったことによって交通事故にあってしまうのでした。

ヨンソクが心配になってギジャは駆けつけますが、ジンジュのことを非難し、そして追い詰めます。

それだけにとどまらず、ベノンの家に泊まり込みをしてヨンソクの看病をしたいと言い出します。

ギジャはとても非常識なことを次から次へといいますので、それを見てベンノは開いた口がふさがらないのでした。

その一方でゴンジュは新製品開発のアイテムとして、トッポッキを提案しました。

タレのレシピを一般のものを知るために、ジャリョンの屋台でアルバイトをしてみたいと言い出します。

まさかの屋台でのアルバイト!次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする