スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第49話

マリが酔っ払って泣いていることを知り、電話をもらったジャリョンですが、ゴンジュと映画を見ることを約束していました。

しかしマリが心配になったために、ゴンジュをそのまま残してマリのところへ駆けつけてしまうのでした。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


ジャリョンに映画を見る約束をすっぽかされたことによって、ゴンジュはとても傷つけられました。

一人で泣いてお酒を飲んでいたマリですが、アメリカにいたときに好きだった相手がほかの人と結婚したことを悔やんでいるのです。

諦めたいけれど諦められないと泣きながら打ち明けました。

ジャリョンはそんな相手は忘れてしまって前向きに生きなければいけないとマリにアドバイスをします。

そしてジャリョンは形態の着信履歴を見て、ゴンジュの名前が履歴に残っていたためにゴンジュに会いにいくのでした。

しかしゴンジュはジャリョンがマリのところへ行ったことを知った途端に、怒りが収まらなくなります。

そして自分にはもう連絡をしないで欲しいと伝えるのでした。

マンスが会社をクビになり、そしてタクシーの運転手をすることになったとグムスンは知りました。

息子がかわいそうで不憫で仕方ないと、何も知らない家族に対して八つ当たりをしてしまうのでした。

なんだかうまくいきそうだったことがどんどん崩れています・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする