スポンサーリンク

オジャリョンが行く 第61話

いよいよトッポッキを発売する日が来て、ハッピーコンビニで初販売をする日がきました。

工場から車をだそうとしていたジャリョンに対してカンチーム長がきて、荷物をトラックから下ろせといいます。

オジャリョンが行くのあらすじ

オジャリョンが行くのあらすじ


なぜなんだろうと不思議に思っていたのですが、なんとチキントッポッキの特許を取得していたと思っていたのですが、実はATフードが特許を取得していたので、自分たちは販売することができなくなったというのです。

それを聞いたジャリョンは何が何だか混乱して理解できませんでした。

ジャリョンが成功したことを信じている家族は、そんなことも知らずに浮かれるのでした。

ソンシルが鼻歌を歌っていたらベノンは事情を聴いて一緒に喜んでしまいます。

社内の特別なチームが、チキントッポッキを販売することになったという事実を聴いてゴンジュはびっくりします。

チームから外されて何が起きているのかわからずに、チームメンバーはゴンジュに八つ当たりをしてしまうのでした。

その中で部長はゴンジュに対して慰めてくれました。

チキントッポッキが商標登録されたのだとわかったジャリョンはこの権利は自分のものだから、なんとか自分のところに取り戻すことはできないのかと考えるのですが、屋台で販売することすら禁止になってしまい八方塞がりの状態です。

やっと軌道に乗ってきたと思っていたのにも関わらずこの仕打ち・・・次週に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする